読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャニーズという宇宙で

なんだかんだジャニオタ6年生。ジャニーズWESTの藤井流星くんを応援してます。

元担Gについて考える

ジャニーズ ジャニーズWEST Kis-My-Ft2

私がジャニオタになってから約6年。立派なジャニオタになりました。そんな私は今まで本気で応援したグループが2つあります。ひとつはジャニーズWEST。今最も好きで応援しているグループです。流星くん担だけどみーんな大好き。そしてもうひとつはKis-My-Ft2。玉森くん担で、2011年から応援し続けました。しかしキスマイは2013年冬~2014年秋をピークにだんだん熱が冷めて、一時期はキスマイとWESTの掛け持ちもしましたがついにこのお正月、なうぇすと参戦をきっかけにWESTがキスマイを超えていきました。とは言ったものの、少しややこしいんですよね。

今、グループとして好きなのは即答でWESTです。じゃあ玉森くんへの熱は冷めたか?そう聞かれたら答えはNOです。最盛期程ではないけれど、今も玉森くんは大好き。流星くんと玉森くんどっちのほうが好きなの?これは完璧に同率1位なんです。2人の顔も性格も物事の捉え方や考え方もセンスも全部好きなのです。

じゃあなぜキスマイからWESTへ行ったか。これはズバリ「私個人がキスマイに求めていたけれどもやってくれなかった事を、WESTが絶妙なタイミングでやってくれた(しかも求めていた以上のクオリティで)」だから。これに尽きる。

 

私はキスマイの3:4の分け方が嫌でした。早く7人平等に1列に並んでほしい、同じ衣装を着てほしい、そう思っていました。今も思っています。だから舞祭組ができた時は不安だった。もっと前と後ろの差が開くんじゃないかと思って。でも舞祭組ができたおかげで後ろの4人の知名度は上がって歌割りもちょっと増えた。とっても嬉しかったです。この調子で行けばキスマイは前と後ろなんて言われなくなるし衣装も同じになるし立ち位置も良くなる!って思ってました。でも。

キスマイは舞祭組を個性に、グループの武器にしてしまった。4人も舞祭組であることを誇りに思ってしまった。差は無くなったかもしれないけれど、今もはっきりと区別はあります。舞祭組ができたことは本当に良かった事だと思っているけど、いずれ4人と3人が並べた時に自然消滅でもいいから舞祭組を無くしてほしかった。キスマイは「7」だけど、舞祭組がある限り3と4の区別は残り、私が願っていた完璧な「7」にはならない。今も残るちょっとした衣装の色分け、歌割り、ダンスのフォーメーション、並び方。本当にちょっとしたことです。でもそれを見るのが辛かった。

それに舞祭組メンバーは自分を卑下するような発言が多くなったと感じます。「3人には敵わないよ」「3人はかっこいいんだから」そんなニュアンスの発言を聞く度に悲しくなる。私はキスマイがJrの頃(と言ってもデビュー直前だけど)から応援しています。ずっと変わらず玉森くん担。でも2番目に応援しているメンバーもずっと変わらず。

二階堂くんなんです。Hairでかっこよくキメる二階堂くんもクールに踊る二階堂くんも本当に好きです。もちろんやんちゃでクソガキで騒がしい二階堂くんも本当に好きです。二階堂くんは素敵、かっこいいと心から思う。でも本人は3枚目に徹してなかなかカッコつけてくれなくなった。去年のツアー、北山さんのソロの前に舞祭組メンバーが北山さんとちょっと茶番をした時、「今誰かはけろって言わなかった?」って言って二階堂くんは笑いを誘ってました。でも私は笑えなかった。誰もはけろなんて言ってないよ。北山さんも「みんなすぐペンライト(の色を舞祭組メンバーの色から)赤に変えてくれたね」って冗談言ってたけど、舞祭組が歌い始めた時もみんなすぐ色変えたよ。

ジョッシーも「北山くんが好きな人ー?藤ヶ谷くんが好きな人ー?たまちゃん好きな人ー?」って観客に聞いた後「後ろの4人はどうでもいいわ」って。どうでも良くないよ。二階堂くんが悪いわけじゃないけどね。

たぶんキスマイのそういうジョークが私は通じなくなってしまったんだと思うんです。キスマイもキスマイファンも悪くない。私の感じ方が変わっただけ。キスマイを見ていると元気になるはずなのに気分が落ちてる自分がいました。

走り続けて攻め続けるキスマイについていけなくなっていました。

玉森くんは私の求めていたものを想像以上のクオリティで見せてくれました。だから離れられなかったし今もこんな風に応援出来てる。

そんな時にWESTはラッキィスペシャルを歌っていて。「無敵の7人」この言葉と7人平等の衣装を着て平等な歌割りで楽しそうにワチャワチャするMVが当時の私の心に刺さりまくりました。誰かが自分を卑下すると残りの6人が真剣な顔でそんなことないって上げてくれる。メンバー同士もファン同士も、メンバーとファンもお互いにお互いを認めて褒めていい意味で持ち上げている。「俺らと一緒に一歩一歩ゆっくりでいいから確実に進んで行こうな」って手を引っ張ってくれる。

まさにキスマイじゃ埋まらなかった私の心の隙間をWESTが埋めてくれました。

 

キスマイにもWESTみたいになってほしい。

キスマイはドームツアーとか、私が知らない景色に向かって突っ走ってくれた。必死に追いかけてその景色を見れた。

WESTは私達もメンバーもお互いに、知らない景色を見せに連れて行ってあげたいって考えてるんじゃないかな。もちろんキスマイもファンのことを大切に思ってくれているけれど。

いつかまたキスマイの何かが変わったら、私は戻るかもしれません。でも今はWESTを応援させてください。

 

 

支離滅裂ですけど言いたかったことなので書けてスッキリしました。落ち着いたらこの記事は消すかもしれません。